【入力補助】Gutenberg対応について
ここにキャプション
Wordpress5.0以降にリリースされたGutenbergエディターに関してですが、Diverでも既に対応させていただいておりますが、以前のエディターで使える機能と使えない機能があります。 WordPress標準搭載の機能で使えない機能はありませんので、Diver独自の機能の対応状況をお知らせいたします。
注意
Diver4.6.5の対応状況です。 今後対応する機能も増えていくとは思いますが、無理にGutenbergを利用する必要はありませんので、Classic Editorの方が使いやすいと感じる方はClassic Editorを利用して下さい。 なるべくどちらを利用しても同じ機能が利用できるように実装させていただきます。

入力補助対応状況

現在(Diver4.6.5)、クラシックエディターで利用できる入力補助の機能数は23個です。 Gutenberg(Diver4.6.5)で実装されている入力補助の機能は下記の通りです。 なるべく利用率の高い入力補助機能を優先的に実装させていただいております。
  • 見出し
  • ボタン
  • 囲い枠
  • 会話
  • アイコン
  • トグル
  • Q&A
  • 記事一覧
  • スター
  • セクション
  • アイコンボックス
セクションとアイコンボックスは、今現在Gutenbergのみで使える入力補助です。
  それ以外にもGutenbergでは利用できるブロックはたくさんあります。
  Gutenbergで作成した投稿は、AMP化に対応しておりません。 Gutenbergは、デザインしやすい代わりにインラインでスタイルを挿入する仕様になっております。 AMPではこのインラインスタイルは全て削除されてしまい、デザインに大幅な差異が生まれてしまう可能性があるため現在は対応しておりません。 AMP化したい投稿はクラシックエディターをご利用ください。
スポンサーリンク
あなたはそのサイトで満足していますか?

サイトはただ作るだけで満足ですか?あなたのコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。よいコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。
Diverを使えば、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えられたデザインで、サイト回遊率、直帰率、再訪問がアップします。アフィリエイターだってブロガーだって関係無しです!!しかし、スケールの小さいサイトを量産するような方法には向いていません。サイトを育てて、長い間愛されることの出来るコンテンツを作成出来るのは、このDiverだけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事