バージョン4.9.1 - 2022.8.17

  • ブロックエディター画面でのスタイルを調整して軽量化しました。
  • Diverオプション > 投稿設定 にて 入力補助の無効化をできるようになりました。
    (読み込むスタイルやスクリプトが少なくなります。)
  • 入力補助カスタムカラーの不具合を修正しました。
  • 会話・見出し・ボタン・ランキングのデザインを調整しました。

バージョン4.9.2 - 2022.8.19

  • アイキャッチ画像の背景画像が復活しました。(遅延読み込み)
  • 関連記事のタイトル項目を追加しました。
  • 入力補助 - アイコンを復活しました。
  • 入力補助 - 口コミのスタイルが2種類から選べるようになりました。
  • 細かなスタイルを調整しました。
スポンサーリンク

バージョン4.9.3 - 2022.8.24

  • 入力補助 - 吹き出し 表示不具合を修正しました。
  • 入力補助ブロック - 囲い枠のデザインを調整しました。
  • 固定ヘッダーのロゴサイズを調整しました。
  • 画像中央揃え時のキャプション位置が中央に揃うように調整しました。

バージョン4.9.4 - 2022.8.30

  • AMP構造化データ修正
  • カテゴリーページ - robots修正
  • 入力補助 - カラム表示不具合修正
  • ページタイトルデザイン調整
  • 行間設定の不具合修正

バージョン4.9.6 - 2022.9.5

  • Google Adsence設置時に強制的に付与されるstyleを削除
  • Slickはスクリプトのみ読み込み(デフォルトのCSSは読み込まないようにしました)
  • スクリプト依存関係調整
  • Gutenbergで共通コンテンツを作成した時の表示を調整
  • CSS調整

バージョン4.9.7 - 2022.9.12

  • 入力補助 - 関連記事 オプション項目(カテゴリー・日付)追加
  • 入力補助 - ボタン 広告タグから作成した時にサイズが変更できない不具合を修正
スポンサーリンク
あなたはそのサイトで満足していますか?

サイトはただ作るだけで満足ですか?あなたのコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。よいコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。
Diverを使えば、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えられたデザインで、サイト回遊率、直帰率、再訪問がアップします。アフィリエイターだってブロガーだって関係無しです!!しかし、スケールの小さいサイトを量産するような方法には向いていません。サイトを育てて、長い間愛されることの出来るコンテンツを作成出来るのは、このDiverだけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事