バージョン4.6.4から利用できるアイコンボックスの使い方を紹介します。

必ずDiverを4.6.4にバージョンアップしてからご確認ください。

クラシックエディター版の入力補助には実装しておりませんが、今後のバージョンアップにて追加させていただく予定です。

スポンサーリンク

アイコンボックスの使い方

Gutenbergエディターを開いたら、ブロックを追加でアイコンボックスを選択して下さい。

追加すると、下記のようにアイコンボックスが挿入されます。

アイコンボックスは、アイコンだけではなく画像を設定することも可能です。

アイコンボックス使用例

アイコンボックスは、単体で利用することもできますが、カラムと組み合わせることで

ブロックの追加から レイアウト要素の【カラム】 を追加してください。 

カラム数はお好みで設定してください。

下記の例では、セクションの中にカラムを追加して、それぞれのカラムにアイコンボックスを追加しています。
Apple
アメリカのデジタル機器メーカーで、OSやiTunesなどの各種ソフトも自社で開発しています。
Android
グーグル社が提供する、オペレーティングシステム(OS)やミドルウェア、ウェブブラウザーなどの主要なアプリケーションを含むプラットフォームのこと。
Bluetooth
パソコンと周辺機器、携帯電話などの携帯端末、デジタル家電などを無線でつなぐ通信の規格で、国際規格IEEE802.15.1として標準化されている。

アイコンボックス:画像使用例

アイコンボックスは背景色なども調整することができます。
ワニ
 ワニ目に属する爬虫類の総称。
ライオン
哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の動物。
スポンサーリンク
あなたはそのサイトで満足していますか?

サイトはただ作るだけで満足ですか?あなたのコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。よいコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。
Diverを使えば、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えられたデザインで、サイト回遊率、直帰率、再訪問がアップします。アフィリエイターだってブロガーだって関係無しです!!しかし、スケールの小さいサイトを量産するような方法には向いていません。サイトを育てて、長い間愛されることの出来るコンテンツを作成出来るのは、このDiverだけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事