今回は、AMP記事対応についての記事です。対象となる方と対象では無い方がいますので、ご確認お願いいたします。
子テーマは、個々のスタイル用ですのでバージョンアップ等は出来ないようになっております。
Diverでは、様々なスタイル(ampやビジュアルエディター)でのスタイルも可能にするため、プログラムの記述も行っております。そこでのエラー修正依頼です。

スポンサーリンク

エラーの内容

Tag or text which is only allowed inside the body section found outside of the body section.

このエラーは、ファイルを読み込む時の関数がエラーを出力することによって発生するエラーです。今回では file_get_contents()がエラーの原因です。

Diver子テーマのamp.cssをAMP記事内に反映させるための関数ですが、サーバーの設定によって外部ファイルを読み込めないよになっていることが原因となっております。

解決方法

解決方法は3つございます。推奨する解決方法は2つ目ですが、楽なのは1つ目です。お好きな方にて修正をお願いいたします。

解決方法①:サーバーPHP.ini設定の修正

  1. サーバーの管理画面に行く
  2. php.iniの設定画面を開く
  3. allow_url_fopenの項目をonにする

解決方法②:最新の子テーマと入れ替え

  1. WordPress管理画面からDiverマニュアルを開く
  2. ダウンロードの項目からDiver専用子テーマダウンロード
  3. 子テーマにてカスタマイズを施している場合には、その内容を別のところ(メモ帳等)に保存しておいてください。
  4. 以前までの子テーマを削除して新しい子テーマをアップロードする
  5. 保存しておいたカスタマイズの内容を戻す

解決方法③:子テーマのfunction.phpの修正

 バックアップはする必要ありませんが、アクセスが不可能になった時のために、ssh接続してファイルの編集できる状態にしておいてください。
子テーマのfunction.php内のset_amp_styleという関数を以下のように書き換えてください。

function set_amp_style($style){
	$ampstyle = diver_file_get_contents(get_stylesheet_directory_uri().'/amp.css');
	return $ampstyle;
}
スポンサーリンク

それでもエラーが出る場合

AMPはまだ制約が非常に多くて、全ての項目を自動で最適化出来ない状況です。無闇に有効化するとエラーになってしまう可能性があります。
エラー通知がくると焦ってしまうと思いますが、ペナルティになるわけではなくAMPで表示されなくなるだけですので、落ち着いてご連絡ください。

スポンサーリンク
あなたはそのサイトで満足していますか?

サイトはただ作るだけで満足ですか?あなたのコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。よいコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。
Diverを使えば、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えられたデザインで、サイト回遊率、直帰率、再訪問がアップします。アフィリエイターだってブロガーだって関係無しです!!しかし、スケールの小さいサイトを量産するような方法には向いていません。サイトを育てて、長い間愛されることの出来るコンテンツを作成出来るのは、このDiverだけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事