このプラグインは、SEO対策を強力にサポートしてくれます。手順に沿って設定してください。

プラグインをインストール済みであることを前提に進めます。

基本的に設定は、画像の通りにするか、指示したもの以外はデフォルトのままにしておいてください。
これから出てくるコンタクトフォームというのは、プラグインの【contact form 7】を有効化していると表示されます。お問い合わせ機能を作らない人は無視してください。

一般設定

ホームページ設定

ホームタイトル サイト名やトップページのタイトル
ホームディスクリプション サイトの説明文
代わりに固定フロントページを利用する 利用停止

タイトル設定

タイトルを書き換える 無効

タイトルの書き換えはSEOに不利になる場合があります。

カスタム投稿タイプ設定

カスタム投稿用のSEO 有効
これらの投稿タイプのみSEO対策 投稿、固定ページ、LP
詳細設定を有効化 有効

表示設定

カスタム投稿タイプの列ラベルを表示 投稿、固定ページ、LP

ウェブマスター認証

ウェブマスターツールは、googleがあなたのサイトを分析してくれるツールです。問題点などを的確に指示してくれるので、SEOにも効果的ですので是非利用しましょう。


Webマスターツールにプロパティを追加します。あなたのサイトのURLを入力してプロパティを追加を押します。


サイトの所有権を確認します。
別の方法 > HTMLタグの中にmetaタグが表示されます。そのmetaタグのcontentをコピーします。


wordpressに戻って、Google ウェブマスターツールの欄に先ほどコピーしたcontentを貼り付けて、更新してください。


そして、Webマスターツールに戻って確認ボタンを押すと、設定完了です。

Google設定


google Analyticsにプロパティを作成します。googleAnalyticsはサイトがどれだけ見られているか、どこからの流入が多いかなど運用していくのにとても強力なツールです。


各情報を入れてプロパティを作成するとトラッキングIDが発行されます。これをコピーしてください。


wordpressに戻って、GoogleアナリティクスIDにコピーしたトラッキングIDを貼り付けて更新します。
以上でGoogleAnalyticsの設定は完了です。

Noindex設定

NOINDEXをデフォルト カスタムCSS、チェンジセット、CTA、コンタクトフォーム

それ以外はデフォルトのままで大丈夫です。

詳細設定


ディスクリプションを自動生成にチェック。それ以外はチェックを外す。

キーワード設定

キーワードを使用 有効

SNS設定


機能管理 > ソーシャルメディア をActiveにしてください。Activeになっていれば、メニューにソーシャルメディアという項目が追加されます。

ここでは、SNSでの表示に関する設定を行います。SNSからの流入は、SEOとは違い、瞬間的な爆発力があるため有効に使っていきましょう。

ホームページ設定

サイト名 サイトタイトル
ホーム画像 サイトトップページがシェアされた時に表示する画像

ホーム画像は、1200px×630pxが推奨されているサイズです。

画像設定

OG:Image ソースを選択 アイキャッチ画像
画像が見つからない場合はデフォルトを使用 true
デフォルトの OG:Image デフォルト画像

この設定では、投稿がシェアされた時には、アイキャッチ画像を設定しています。もし何らかの理由で画像を共有したくない場合は、OG:Imageをdefault imageにするといいでしょう。
こちらにデフォルト画像を設定しておけば、アイキャッチ画像が設定していなかった場合に、こちらのデフォルト画像を表示します。
デフォルト画像は、1200px×630pxが推奨されているサイズです。

ソーシャルプロフィールリンク

ソーシャルプロフィールリンク 利用しているSNSプロフィールURL
個人または団体のどちらですか? 個人or組織
関連付けられた名前 個人名or組織名

ここでは、ナレッジグラフの設定を行う。

ナレッジグラフとは、Googleの検索アルゴリズムの仕組みの一つで、単に検索キーワードを含む情報を検索結果に表示するのではなく、

人物や作品、場所などあらゆる物事について、それぞれの情報の関係性や属性を認識、把握したうえで、それを反映した検索結果を表示する機能です。

Facebook設定

Facebook 管理者 IDFacebook ID(調べ方下記参照)Facebook App IDFacebook APP ID(調べ方下記参照)Facebook Publishの記事を表示FacebookプロフィールのURLもしくはFacebookページの URL

Facebook ID 調べ方


Facebookにログインした状態で、Graph API Explorerにアクセスします。
そして、送信ボタンを押すと、idが表示されます。

Facebook App ID 調べ方


Graph API Explorerにアクセスして、新しいFacebookアプリを作成するから各種項目を設定します。


Facebookアプリを作成できたら、左上にApp Idが表示されます。

twitter設定

デフォルトtwitterカード お好きな方(下記画像参照)
twitterサイト twitterアカウント名(@含む)
twitter投稿者を表示 true
twitterドメイン WebサイトURL(http://除く)


※twitterカード表示例

以上の設定が完了したら、twittercart検証ツールで確認してみましょう。

このように、表示されれば設定完了です。

メタ情報スキャン


最後に念のため、スキャンをしてみましょう。
「重複の meta タグが見つかりませんでした。」と表示されればSNS設定は完了です。

XMLサイトマップ


機能管理 > XMLサイトマップ をActiveにしてください。Activeになっていれば、メニューにXMLサイトマップという項目が追加されます。

XMLサイトマップは、検索エンジンに対して、サイトの更新情報を伝え、クローラーの巡回を促すために重要なものです。

基本設定


基本的に上記画像と同じ設定になっていれば大丈夫です。ほとんどデフォルトのままです。

基本設定をしたら、更新しましょう。するとxmlサイトマップが作成されます。

XML Sitemapをウェブマスターツールから送信


作成したサイトマップをウェブマスターツールを利用してGoogleに送信します。

以上ですべての設定が完了です。

あなたはそのサイトで満足していますか?

サイトはただ作るだけで満足ですか?あなたのコンテンツはとっても有益なものがたくさんあります。よいコンテンツも埋もれてしまっては全く意味がありません。
Diverを使えば、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えられたデザインで、サイト回遊率、直帰率、再訪問がアップします。アフィリエイターだってブロガーだって関係無しです!!しかし、スケールの小さいサイトを量産するような方法には向いていません。サイトを育てて、長い間愛されることの出来るコンテンツを作成出来るのは、このDiverだけです。